アメリカ50州マラソンのブログの紹介 ボストンマラソンの参加資格

ボストンマラソンの参加資格2014

18-34歳 男性3時間05分 女性3時間35分 35-39歳 男性3時間10分 女性3時間40分
40-44歳 男性3時間15分 女性3時間45分 45-49歳 男性3時間25分 女性3時間55分
50-54歳 男性3時間30分 女性4時間00分 55-59歳 男性3時間40分 女性4時間10分
60-64歳 男性3時間55分 女性4時間25分 65-69歳 男性4時間10分 女性4時間40分
70-74歳 男性4時間25分 女性4時間55分 75-79歳 男性4時間40分 女性5時間10分
80歳以上 男性4時間55分 女性5時間25分

エントリー開始から2日目までは、参加資格タイムから-20分、4日目までは-10分、7日目までは-5分、そして、2週目に全員エントリー可能になります。定員になるまで、参加資格からマイナスが多い人からエントリーが受け付けられます。


ランニング・マガジン月刊「クリール」

走るにあたって知っていると役立つ情報が満載で、マラソン初心者にはとてもタイムリーな記事が多く、「35kmでバテないマラソンの走り方」など、参考になる記事も多いです。数あるランニング雑誌・書籍で迷ったら、まずはこの1冊をお薦めします。毎月季節に合わせたトレーニング方法がレベルごとに掲載されているので、その月から走り始めるランナーにも役立つ情報満載です。巻末の大会案内も写真入のコメントが参考になりますよ。読者レビューの多さも、このマガジンの人気の高さが伺えます。

スポンサード リンク

2014年03月12日

アメリカ50州マラソンのブログの紹介

現在、アメリカ50州マラソン制覇を目論み中。2014年3月までに15州を制覇しました。

そこで、自分が走ったフルマラソンの大会レポートだけを抽出して、アメリカ50州マラソンツアーガイド なるブログを立ち上げました。

アメリカのマラソンだけではなく、カナダとメキシコの大会も取り上げています。

既に走っている州は、ミシガン州(デトロイトマラソン)、フロリダ州、オハイオ州、ウィスコンシン州、イリノイ州(シカゴマラソン)、マサチューセッツ州(ボストンマラソン)、ワシントン州(シアトルマラソン)、ニューヨーク州(ニューヨークシティマラソン)、ハワイ州(ホノルルマラソン)、カリフォルニア州(サンフランシスコマラソン)、ペンシルバニア州、インディアナ州、ミネソタ州、ジョージア州、ルイジアナ州です。

今後の予定は、
2014年9月にユタ州、11月にニューハンプシャー州、2015年1月にテキサス州、2月にメリーランド州、3月にニュージャージー州、5月にバーモント州、12月にアリゾナ州を走りたいと思ってます。

アメリカ50州やカナダ、メキシコの大会に興味ある方は、是非、参考にどうぞ。
posted by Yoshi at 00:06 | Comment(0) | TrackBack(0) | マラソン大会
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック



ランニング・マガジン月刊「クリール」

走るにあたって知っていると役立つ情報が満載で、マラソン初心者にはとてもタイムリーな記事が多く、「35kmでバテないマラソンの走り方」など、参考になる記事も多いです。数あるランニング雑誌・書籍で迷ったら、まずはこの1冊をお薦めします。毎月季節に合わせたトレーニング方法がレベルごとに掲載されているので、その月から走り始めるランナーにも役立つ情報満載です。巻末の大会案内も写真入のコメントが参考になりますよ。読者レビューの多さも、このマガジンの人気の高さが伺えます。

スポンサード リンク
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。