Dexter-Ann Arborハーフマラソン・アメリカ合衆国ミシガン州 ボストンマラソンの参加資格

ボストンマラソンの参加資格2014

18-34歳 男性3時間05分 女性3時間35分 35-39歳 男性3時間10分 女性3時間40分
40-44歳 男性3時間15分 女性3時間45分 45-49歳 男性3時間25分 女性3時間55分
50-54歳 男性3時間30分 女性4時間00分 55-59歳 男性3時間40分 女性4時間10分
60-64歳 男性3時間55分 女性4時間25分 65-69歳 男性4時間10分 女性4時間40分
70-74歳 男性4時間25分 女性4時間55分 75-79歳 男性4時間40分 女性5時間10分
80歳以上 男性4時間55分 女性5時間25分

エントリー開始から2日目までは、参加資格タイムから-20分、4日目までは-10分、7日目までは-5分、そして、2週目に全員エントリー可能になります。定員になるまで、参加資格からマイナスが多い人からエントリーが受け付けられます。


ランニング・マガジン月刊「クリール」

走るにあたって知っていると役立つ情報が満載で、マラソン初心者にはとてもタイムリーな記事が多く、「35kmでバテないマラソンの走り方」など、参考になる記事も多いです。数あるランニング雑誌・書籍で迷ったら、まずはこの1冊をお薦めします。毎月季節に合わせたトレーニング方法がレベルごとに掲載されているので、その月から走り始めるランナーにも役立つ情報満載です。巻末の大会案内も写真入のコメントが参考になりますよ。読者レビューの多さも、このマガジンの人気の高さが伺えます。

スポンサード リンク

2010年06月06日

Dexter-Ann Arborハーフマラソン・アメリカ合衆国ミシガン州

2010dxa2.jpg


本日、2010年6月6日は、アメリカ合衆国ミシガン州のDexter-Ann Arborハーフマラソンの日です。本大会は、1979年に始まった歴史ある大会です。

朝5時起きで、6時にLIFE TIMEに立ち寄って、ジャグジーで体をほぐして行こうと思ったら、水泳パンツを前日LIFE TIMEに忘れたことに気がつき、探してもらうのに時間を食った。
この時、最初に説明した人に、「ビニール袋入りかもしれない」と説明したけど、最初に説明した人の探す人への伝達に、「ビニール袋入りかもしれない」という説明が抜けていた。そのために、探すのに時間が掛かった模様・涙。結局、ジャグジーには入らず、シャワーだけ浴びて出発。

ということで、いきなり、出発が遅くなり、慌てる・・・

会場でのトイレの列を警戒し、Ann Arborの手前のガソリンスタントでガソリンを入れながら、トイレを借用。

7時20分ごろ、集合場所に到着。駐車場への入り口が列となり、車が進まない・・・。直ぐに見切りをつけ、列から離れて前に進む。
直ぐ先に、公共駐車場が空いており、すんなり無料で駐車。
慌ててパケットをピックアップ。
もうシャトルバスの列は疎らで、ほとんど待つことも無く、直ぐに出発できて良かった・・・8時半スタートのDexterのスタートポイントには充分間に合いそう。

シャトルバスを降りて、長蛇の仮設トイレの列には並ばず、少し離れたところにある常設トイレで、5人ぐらいの列のトイレでもう一度済ませた後、ウォーミングアップ開始。しばらくして、いっちいさんと合流。他のミシガンJランナーも既に到着しているとのこと。本日参加は、いっちいさん、あざらしさん、Akochiさん、Iさん、れどんどーさん、Fさん、そしてARIさん他、いっちいさんの同僚さんたち大勢・爆。

そろそろ、スタートということで、ミシガンJランナー6人が揃って、スタートラインに。
なかなかスタートしないと思ったら、昨夜のトルネードによる倒木で、スタートが30分遅れるとの事で、一時解散。

解散中にもう一度、トイレを済まし、軽くウォーミングアップして、再度、ミシガンJランナーとスタートラインに。いっちぃさんを見失う。

30分遅れて、9時にスタート!(この場合、交通規制の解除も30分遅れるのかな?)

1マイル 7'10(団子状態から左端から外回りで先行者を抜かしていく)

2マイル 7'05(アジアの人で服装からして経験者風のランナーに抜かされ、彼はイーブンペースで完走しそうだったので、ペースメーカーとしてついていく)

3マイル 7'12(途中先行したARIさんを捕らえる)

4マイル 7'11(上り坂でペースメーカーとしたランナーさんが少し遅いと感じ、パスする)

5マイル 7'11(少し遠くを、走り良いペースの青いシャツの女性を新しいペースメーカーに)

6マイル 7'00(ペースメーカーにした途端、ペース上がってないかい?汗)
7マイル 7'00
8マイル 7'05

9マイル 7'17(少しきつくなってきたのでペースを落とす)

10マイル 7'21(追い上げてきた人たちに抜かされ始める)

11マイル 7'22(一度抜かされた女性ランナーに抜かし返され、頑張って併走する。自分を抜かしていくランナーが増えてくる)

12マイル 7'30(最後に上り坂・・・きつい・涙)

13マイル 7'21(いつもならズルズルタイムが落ちるところだが、今日は歯を食いしばり、頑張る。この頑張りが良い結果を生みました!)

13.1マイル 1'11



結果、13.1マイル(21.098km)を1時間35分Just!

直ぐに、最初にペースメーカーにしたアジアのランナーがゴールしてきた。「日本の人?」って聞いたら、「Yoshiさんですよね?」と反対に聞かれた。なんと、少年サッカースクールの小2のコーチのHiroshi Yamauchiさんだった。
自分が抜かした後、今度はその人が自分をペースメーカーにしてついてきたそうだ。自分が12マイル区間で失速しかけた時、自分を抜かそうと思ったらしく、最後の1マイル頑張って、本当に良かった。
結果、その人は1時間35分9秒。9秒差で勝つことができました(^^)

2395人中192位。45-49歳のAgeでは、16位。

その後、あざらしさんも1時間36分49秒でゴール。
そして、ミシガンJランナーが続々とゴール。
リハビリ中のれどんどーさんも含め、皆、良い成績だ。
いっちいさんは、1時間30分28秒。
今日は、なつくんは、トライアスロンで来ていないが、いっちいさんよりも速くTakei Shintaroさんという人が1時間28分43秒で、日本人1位のようだ。

3月に走ってベストの1時間32分2秒よりは、3分遅いけど、前日、マイル7分30秒でもヘロヘロだったことを考えると、この本番の出来具合は一体全体なんだろう!
何をさておき、どうなるかと思ったレースだったが、そんなに足は鈍っていなかったようで、安心しました。

今日はスタートラインでいっちいさんを見失ったが、いっちいさんについていったら、最後に失速して、タイムは悪かったかもしれないとも思う。実際、途中、ペースメーカーに設定した青色Tシャツの女子ランナーにはついていけなかったし、最後に抜かされた女性ランナーにもついていけなかった。当日の自分の実力を判断するって、本当に大切なことだ。

これで、今週末の大本命、日本人デトロイト商工会議所主催の8マイルケンジントンレースでは、何とか頑張れそうだ。ちなみに、今日の8マイル通過は、56分台でした。
今週末は、更にペースを上げ、3位入賞を目指します。賞金よりも、ローカルの日本情報誌などに名前が載るのが目当てです・笑。目立ちたがり屋なので・笑
にほんブログ村 その他スポーツブログ ジョギング・マラソンへ
にほんブログ村
↑↑↑↑↑↑↑↑↑ジョギング・マラソン仲間はここにいる
タグ:マラソン 海外 アメリカ ミシガン ハーフマラソン ランナー
posted by Yoshi at 23:59 | Comment(1) | TrackBack(0) | マラソン大会
この記事へのコメント
こんちわ。Yamauchiこと、かば です。
走り仲間には かば で通っていますし、サッカーコーチのユニフォームもKabaです。

今月はDexterマラソン、そしてJBSDのマラソンと、大変「お世話」になりました。Dexterで負けた時は非常に良い刺激になり、JBSDでは絶対負けない!と思って挑みました。なんとか雪辱!

良い友人ができたと思っています。またどこかで一緒に走りましょう。

僕の当面のマラソン参加の予定はないので、良い情報があったら教えてください。

もボストンに出たいですね。BQクリアおめでとうございます。
Posted by かば at 2010年06月17日 08:18
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/152959185

この記事へのトラックバック



ランニング・マガジン月刊「クリール」

走るにあたって知っていると役立つ情報が満載で、マラソン初心者にはとてもタイムリーな記事が多く、「35kmでバテないマラソンの走り方」など、参考になる記事も多いです。数あるランニング雑誌・書籍で迷ったら、まずはこの1冊をお薦めします。毎月季節に合わせたトレーニング方法がレベルごとに掲載されているので、その月から走り始めるランナーにも役立つ情報満載です。巻末の大会案内も写真入のコメントが参考になりますよ。読者レビューの多さも、このマガジンの人気の高さが伺えます。

スポンサード リンク
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。